農協ローン 消費者金融と銀行カードローンの違い

消費者金融と銀行カードローンの違いとは

お金の借入先としては銀行や消費者金融がありますが、消費者金融と銀行のカードローンにはどのような違いがあるのでしょうか?

 

まず、銀行のカードローンと消費者金融のキャッシングでは金利が違います。銀行カードローンの金利は最高金利が14.5%程度ですが消費者金融の場合は18%程度になっています。業者によっては20%というところもあります。また、銀行のカードローンは金利が低い分審査も厳しくなっています。借入件数が4社以上あれば審査に通るのは難しくなります、消費者金融の場合は、5、6件あっても審査に通ることがあります。

 

 

それから、銀行は銀行法によって貸付をしますが、消費者金融は、貸金業法に基づいて貸付をします。貸金業には総量規制というのがあるので、消費者金融からは年収の3分の1までの金額しか借り入れることができません。銀行のカードローンは総量規制の対象ではありませんので、年収の3分の1を超える額でも借入ができます。また、消費者金融で1社から50万円を超える金額を借り入れる場合や他の貸金業者からの借入を含めた借入金額の総額が100万円を超える場合は収入を証明する書類が必要になります。それに対して銀行のカードローンを利用する場合は、本人確認書類だけで申し込みができます。限度額が100万円あるいは200万円を超える場合にのみ収入を証明する書類の提出が必要になります。銀行によっては限度額が300万円を超えなければ、年収を証明する書類は必要ありません。

 

また、銀行のカードローンの中には専業主婦も申し込めるローンがあります。その際にも本人確認証類だけで契約ができます。消費者金融の場合も一部のレディースローンで専業主婦も借入が可能ですが、その際には配偶者の同意書と婚姻関係を証明する書類が必要になります。

 

銀行のカードローンは、なんといっても銀行で販売している金融商品なので安心感があります。それに対して消費者金融の場合は、登録していない闇金なども多いのでなのしれていない業者を利用するときは注意が必要です。