農協ローン 用意する必要書類

用意する必要書類について

金融機関からお金を借りる時には、指定された書類を提出する必要があります。提出書類は借入先により異なります。

 

まず、銀行のカードローンを利用する場合は、本人確認書類として、運転免許証、パスポート、各種健康保険証などのいずれか1つを提出します。また、限度額によっては収入を証明する書類が必要になります。収入を証明する書類は、給与明細書や源泉徴収票、納税証明書などのうちいずれか1点になります。

 

消費者金融で借り入れをする場合も本人確認証類の提出が必要になります。また、その消費者金融からの借り入れが50万円を超える場合や他の貸金業者と合わせた借入金額の総額が100万円を超える場合は収入を証明する書類が必要になります。また、専業主婦が借り入れをする場合は配偶者の同意書と婚姻関係を証明する書類が必要になります。

 

事業用ローンを利用する場合は、本人確認書類の他に決算書などの書類の提出が必要になります。銀行のビジネスローンはノンバンクや消費者金融の事業者用ローンに比べて提出書類が多くなっています。また、目的別ローンを利用する場合は、使途を証明できる書類が必要になります。使途を証明できる書類は、請求書や振込用紙などの書類です。また、おまとめローンを利用する場合には、他社借入条件等の確認ができる書類と源泉徴収票等収入を証明する書類が必要になります。

 

必要書類は本人の名前と現住所が確認できるものです。申し込みフォームに記載した住所と本人確認書類の住所が同じであることを確かめてください。現住所と異なっている場合は、公共料金の領収書などを提出すればいいところもあります。また、必要書類の中には○ヶ月以内に発行された書類というふうに限定されているものもあるので、よく確認の上、提出してください。提出書類に不備があると、審査に通らなかったり、再提出が必要になって融資が遅くなることがあるので注意してください。また、金融機関によっても亭主書類の内容が異なるので事前に確認してください。